2008年日本液晶学会討論会講演プログラム

口頭発表 17日午前・18日・19日 第1~第4講義室

9月17日(1日目)A会場(5F第1講義室)

1a01  9:40~10:00  キラル化合物の添加によるSplay-Bend転移速度の加速
小笠原 史高1,2、久保木 剣3、若生 一広3、内田 龍男4、吉澤 篤1 1:弘大院理工、2:東北化学薬品株式会社、3:21あおもり産業総合支援センター、4:東北大院工
1a02  10:00~10:20  高速応答・広視野角の新しい半透過型OCB-LCDの提案
大西 智也1、福田 一郎1、石鍋 隆宏2、内田 龍男2 1:金沢工大工、2:東北大院工
1a03  10:20~10:40  電圧印加の有無による液晶素子耐光性への影響
小倉 勝己1、山口 留美子1、佐藤 進2 1:秋田大学 電気電子工学科、2:秋田県産業技術総合研究センター
1a04  10:40~11:00  陽極酸化アルミナのポーラス構造による厚いセルの応答速度改善(_III_)
横山 佑樹1、長谷川 達也1、廣嶋 綱紀1、益田 秀樹2 1:山梨大院医工、2:首都大材料化学
1a05  11:20~11:40  ラビング処理により発生する配向不良に関する検討
倉本 侑祈1、嘉本 律2、足立 雅志3、奏昭 南3、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大、2:マイクロアナリシスラボ、3:クラレトレーディング
1a06  11:40~12:00  電子供与体を添加した片側配向膜液晶セルの電気特性
井上 勝1,2、宮家 嵩治1、穐本 光弘1、小林 駿介1、高頭 孝毅1 1:山口東京理科大、2:東陽テクニカ
1a07  12:00~12:20  VA-LCD用液晶化合物の合成と物性
松本 隆1、長島 豊1、根岸 真1、武石 健造1、佐藤 紗絵子1、楠本 哲生1、川上 正太郎1、高津 晴義1 1:DIC株式会社
1a08  12:20~12:40  ネマチック混合液晶の結晶化に対する保持時間依存性
荒谷 康太郎1、井桁 幸一2、志村 正人2 1:日立・材料研、2:日立ディスプレイズ

9月17日(1日目)B会場(4F第3講義室)

1b01  9:40~10:00  イミダゾリウム塩を含む棒状液晶における電子的過程による電荷輸送
清水 洋1、スイス ジャンーモイゼ2、ドゥース ローラン2 1: 産総研ナノテク(関西センター)、2:ストラスブール材料物理・化学研
1b02  10:00~10:20  アルコキシテトラフルオロベンジルオキシトリフェニレンの液晶性と電荷移動特性
笹田 康幸1,2,3、物部 浩達1、上田 裕清2、清水 洋1 1:産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門(関西センター)、2:神戸大学大学院工学研究科、3:チッソ石油化学株式会社 五井研究所 研究第一センター
1b03  10:20~10:40  光機能性スメクチック液晶
山根 祥吾1、相良 剛光1、加藤 隆史1 1:東大院工
1b04  10:40~11:00  ピリジニウム塩部位を有する発光性液晶
田辺 佳奈1、安田 琢麿1、加藤 隆史1 1:東大院工
1b05  11:20~11:40  側鎖にビフェニル基をもつポリ(α-フルオロアクリレ-ト)の合成と相転移:α位のフッ素の液晶相に対する影響
仁 欽1、坂尻 浩一1、守屋 慶一1、田中 義人2、清水 哲男2 1:岐阜大工、2:ダイキン工業
1b06  11:40~12:00  フォトリフラクティブ強誘電性液晶用光導電性キラルドーパントの開発
宮崎 大資1、佐々木 健夫1 1:東理大院理
1b07  12:00~12:20  新規四量体液晶の合成と相転移挙動
鳴海 剛1、吉澤 篤1 1:弘前大院理工
1b08  12:20~12:40  ダンベル型液晶オリゴマーのコンフォメーション変化が引き起こすラメラ-ラメラ相転移
山口 章久1、上原 直樹1、山本 潤2、吉澤 篤1 1:弘前大院理工、2:京大院理

9月17日(1日目)C会場(4F第4講義室)

1c01  9:40~10:00  「V字スイッチング」材料として開発された2成分系における強・反強誘電性液晶相転移
ソン ジャン-クン1、福田 敦夫1、ヴィジ ジェー ケー1 1:ダブリン大学 トリニティーカッレジ 電子電気
1c02  10:00~10:20  改良型行列法を用いた(反)強誘電性液晶の構造相転移(2)
田原 洋介1、田中 聰1 1:近畿大院理工
1c03  10:20~10:40  電場誘起SmCa*-SmC転移における離散ソリトン相互作用の傾き角依存性
木全 慶輔1、山下 護1、鳥飼 正志1 1:三重大物理工学
1c04  10:40~11:00  SmCα*の電場によるSmCへの転移と構造変化
酒井 雄基1、杉本 悠1、鳥飼 正志1、山下 護1 1:三重大院工
1c05  11:20~11:40  フルオロアルキル置換トリフェニレン液晶性半導体におけるキャリア移動度の熱活性化挙動
三宅 康雄1,2、藤井 彰彦2、尾崎 雅則2、清水 洋1 1:産総研 関西センター ナノテク、2:阪大院工
1c06  11:40~12:00  有機金属錯体のディスコティック液晶(92): サンドイッチ型tris[octakis(3,4-dialkoxyphenoxy)phthalocyaninato]lanthanum(III)錯体の高収率合成法の開拓
滝本 達也1、向井 秀知1、太田 太田1 1:信州大院総合工学系研究科
1c07  12:00~12:20  有機金属錯体のディスコティック液晶(93): ドナー・アクセプター複合型ディスコティック液晶の合成とその配向性
亀井 天平1、太田 和親1、加藤 高之1 1:信州大院総工 
1c08  12:20~12:40  有機金属錯体のディスコティック液晶(94):ホメオトロピック配向を示す新規なフタロシアニン-C60系ドナーアクセプター複合体の合成と液晶性
清水 政宏1、太田 和親1、加藤 高之1 1:信州大院総工

9月18日(2日目)A会場(4F第2講義室)

2a00  9:00~9:05  企業セッションの開催にあたって
内田 龍男
2a01  9:05~9:35  ODFプロセスにおける最新の液晶滴下・ディスペンス技術
富山 和照1 1:武蔵エンジニアリング株式会社
2a02  9:35~10:05  液晶滴下工法用シール剤
松田 正則1 1:積水化学工業株式会社
2a03  10:05~10:35  新しい液晶材料の特性と応用
高津 晴義1 1:DIC(株)
2a04  10:45~11:15  次世代液晶配向技術の動向
木村 雅之1 1:JSR(株)
2a05  11:15~11:45  大型ガラス基板TFT-LCD工場の配向膜成膜技術の進展 -フレキソ印刷法とインクジェット法の共存と課題-
山下 修1 1:ナカン(株)
2a06  11:45~12:15  液晶テレビ用位相差フイルムの課題と今後の展開
荒川 公平1 1:日本ゼオン(株)
2a07  13:20~13:40  色差(色変化)の人間工学的要求調査
久武 雄三1、小尾 正樹1、伊藤 秀樹1、池田 梓1、川田 靖1、村山 昭夫1 1:東芝松下ディスプレイテクノロジー
2a08  13:40~14:00  色再現範囲の人間工学的要求調査
久武 雄三1、小尾 正樹1、伊藤 秀樹1、池田 梓1、川田 靖1、村山 昭夫1 1:東芝松下ディスプレイテクノロジー
2a09  14:00~14:20  ダイナミックベンド配向の安定性解析
小島 徹也1、宮下 哲哉1、内田 龍男1、中尾 健次2、分元 博文2 1:東北大院工、2:東芝松下ディスプレイテクノロジー
2a10  14:20~14:40  捩れ配向モデルによるIPS-LCDの表示特性評価
伊東 理1、足立 昌哉1、森本 政輝2、丹野 淳二2 1:日立製作所材料研究所、2:日立ディスプレイズ
2a11  14:40~15:00  微細形状による垂直配向制御
川村 忠史1、吉村 洋二1、山田 祐一郎1 1:シャープ

9月18日(2日目)B会場(4F第3講義室)

2b01  9:00~9:20  主鎖型高分子液晶を用いたポリマーネットワークの可逆変形と分子再配列
田代 徹1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
2b02  9:20~9:40  スメクチック液晶エラストマーの対称性とトポロジー
平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
2b03  9:40~10:00  最高メソゲン密度の置換メチレン型高分子液晶のスメクチック相挙動
藤井 望1、道信 剛志2、戸木田 雅利3、渡辺 順次3、重原 淳孝1 1:農工大院工、2:東工大グローバルエッジ、3:東工大院理工
2b04  10:00~10:20  イオン伝導性液晶物理ゲルの光による複合構造制御
平井  友樹1、金森  拓也1、浜崎  敦志2、守山  雅也1、大野  弘幸2、加藤  隆史1 1:東大院工、2:東京農工大工
2b05  10:40~11:00  光応答性キラル化合物による液晶性共役高分子のらせん制御
前田 賢謙1、湯川 昇志郎2、赤木 和夫1 1:京大院工、2:筑波大物質工
2b06  11:00~11:20  自己組織化したらせん状共役系高分子:ポリメタフェニレン誘導体における
吉田 淳1、須田 清1、赤木 和夫1 1:京大院工
2b07  11:20~11:40  光応答性軸不斉キラルドーパントを用いた液晶相のキラル反転制御
宮下 達明1、早坂 裕之1、中山 優2、赤木 和夫1 1:京大院工、2:筑波大物質工
2b08  11:40~12:00  イオン性芳香族共役ポリマーでのライオトロピック液晶性の発現
渡辺 和誉1、飯田 洋2、赤木 和夫1 1:京大院工、2:筑波大物質工
2b09  13:20~13:40  液晶性イオン液体の分子シミュレーション
米谷 慎1,2、清水 洋1、横山 浩1,2 1:産総研、2:JST
2b10  13:40~14:00  イオン液晶の配向挙動とイオン基の効果
武 金枝1、守山 雅也1、氏家 誠司1 1:大分大工
2b11  14:00~14:20  ネットワーク構造を有するイオン液晶
氏家 誠司1、冨高 詩織1、升田 優亮1 1:大分大工
2b12  14:20~14:40  リン脂質部位を有する棒状液晶の合成と相構造評価
蟹江 澄志1、関口 準二1、村松 淳司1 1:東北大多元研

9月18日(2日目)C会場(4F第4講義室)

2c01  9:00~9:20  キラル液晶単分子膜の膜透過シミュレーション(2)
米谷 慎1,3、多辺 由佳2,3、横山 浩1,3 1:産総研、2:早大、3:JST
2c02  9:20~9:40  分子動力学を用いたLehmann効果のミクロダイナミクス解明
渡辺 豪1、多辺 由佳1 1:早大院先進理工
2c03  9:40~10:00  液晶とコロイドの混合系の相分離
松山 明彦1 1:九工大情報工
2c04  10:00~10:20  液晶光バルブにおける非線形パターンダイナミクスII
長屋 智之1、奈良 重俊2、Residori Stefania3 1:大分大工、2:岡山大院自然、3:ニース非線形研
2c05  10:40~11:00  液晶秩序の空間変調を原理とする分子マニピュレータの提案と実証
佐光 貞樹1、高西 陽一1、山本 潤1 1:京大院理
2c06  11:00~11:20  光ピンセットを用いたLehmann回転トルクの測定
関 一義1、宇田 寿久1、多辺 由佳1 1:早大理工
2c07  11:20~11:40  ハイパーブランチポリマー微粒子の液晶欠陥線への選択的濃縮
東口 顕士1、安井 圭2、小澤 雅昭2、大土井 啓祐2、菊池 裕嗣1 1:九大先導研、2:日産化学
2c08  11:40~12:00  二光子励起共焦点顕微鏡を用いた液晶の三次元配向観察
鈴木 智史1、吉田 浩之1、美浦 裕介1、徳岡 和樹1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工
2c09  13:20~13:40  平行平板間背流の速度分布
片田 雄大1、松見 隆紀1、辻 知宏2、蝶野 成臣2 1:高知工大院、2:高知工科大学
2c10  13:40~14:00  電場下におけるネマチック液晶の粘弾性特性
折原 宏1、田澤 宏之1、瀧上 雄太1、羅 亮皓1 1:北大院工
2c11  14:00~14:20  せん断場が剛体冠球円盤系の構造に与える効果
香田 智則1、近野 智弘2、西岡 昭博1、宮田 剣1、村澤 剛1 1:山形大院理工、2:山形大工
2c12  14:20~14:40  ガス吸着によるスメクチックバブルの動的変形
石井 陽子1、北川 拓磨1、多辺 由佳1 1:早大院先進理工

9月18日(2日目)特別講演(4F第2・3講義室)

SP01  15:10~16:00  大型TV用ディスプレイの技術動向
山田 祐一郎 1:シャープ株式会社 表示技術研究所
SP02  16:00~16:50  IPS-LCDの黒画質改善技術
内海 夕香1 1:株式会社日立製作所 材料研究所

9月19日(3日目)A会場(4F第2講義室)

3a01  9:20~9:40  逆ねじれTN素子の液晶分子配列と超低電圧駆動
高頭 孝毅1、穐本 光弘1、河島 康二1、金子 裕臣1、小林 駿介1 1:山口東京理科大
3a02  9:40~10:00  反応性RFスパッタリング法で作製したSiOx膜上の液晶配向特性
森田 祐介1、飯村 靖文1 1:東農工大院工
3a03  10:00~10:20  液晶光学素子を用いた新規な光学リタデーション測定法の研究
魚山 雅弘1、飯村 靖文1 1:東京農工大院工
3a04  10:40~11:00  ナノ粒子添加配向膜を用いたアンカリング強度の異なる液晶ディスプレイの電気光学特性
穐本 光弘1,2、磯村 浩太郎1,2、澤 康之介1,2、高頭 孝毅1,2、小林 駿介1,2 1:山口東理大基礎工、2:山口東理大液晶研
3a05  11:00~11:20  温度依存性が少ないE-O特性の高分子安定化強誘電性液晶
藤沢 宣1、竹内 清文1、丸山 和則1、初坂 一輝1、西山 伊佐1、高津 晴義1、小林 駿介2 1:ディーアイシー 株式会社、2:山口東京理科大 
3a06  11:20~11:40  加熱処理による液晶電気化学発光セルの輝度向上効果
本間 道則1、堀内 孝郎1、能勢 敏明1 1:秋田県大 システム科技
3a07  11:40~12:00  ポリイミド光配向膜を用いて作製した偏光有機EL素子
坂本 謙二1、三木 一司1、三崎 雅裕2、坂口 幸一2、近松 真之2、阿澄 玲子2 1:物材機構ナノ有機、2:産総研光技術
3a08  13:20~13:40  N2O2型配位子を有する白金錯体液晶の合成と発光挙動
松浦 佳宏1、茨木 謙太1、南 允美1、木下 基1、池田 富樹1 1:東工大資源研
3a09  13:40~14:00  ウレア基を有するアゾベンゼン誘導体の合成および多重水素結合架橋型液晶高分子フィルムの光応答性
高田 章博1、吉武 晃1、間宮 純一1、木下 基1、兪 燕蕾2、池田 富樹1 1:東工大資源研、2:復旦大学
3a10  14:00~14:20  ディスコチック液晶を用いた架橋液晶高分子フィルムの作製と光応答挙動
宮下 広和1、間宮 純一1、木下 基1、兪 燕蕾2、池田 富樹1 1:東工大資源研、2:復旦大学
3a11  14:20~14:40  架橋アゾベンゼン液晶高分子フィルムにおけるアゾベンゼンの光異性化と光配向変化
平岡 朋洋1、山田 宗紀1、近藤 瑞穂1、久保 祥一1、間宮 純一1、宍戸 厚1、池田 富樹1 1:東工大資源研
3a12  14:40~15:00  アゾトラン液晶高分子の光応答性における末端基の影響とホログラムへの応用
松谷 悠生1、岡野 久仁彦2、宍戸 厚1、池田 富樹1 1:東工大資源研、2:東理大理工
3a13  15:20~15:40  延伸処理を行ったメンブレンフィルムにおける液晶分子配向特性
伊東 良太1、沼本 雅矢1、能勢 敏明1 1:秋田県大 システム科技
3a14  15:40~16:00  面内電界効果を用いた液晶光学デバイスの過渡特性
伊藤 雄平1、河村 希典1、葉 茂2、佐藤 進2 1:秋田大学工学資源、2:秋田県産業技術総合研究センター
3a15  16:00~16:20  光配向膜を用いたフレネルレンズ液晶セルの形成と特性評価
江本 顕雄1、アジズル ハキミ ビン ソブリ1、塩田 達俊1、川月 喜弘2、小野 浩司1 1:長岡技術科学大学、2:兵庫県立大学
3a16  16:20~16:40  チオフェンオリゴマーを用いた液晶の光配向変化挙動の評価と発光素子への応用
高野 啓介1、木下 基1、池田 富樹1 1:東工大資源研
3a17  16:40~17:00  パターン電極を導入したCPW型液晶ミリ波位相変調器の特性
能勢 敏明1、柳原 進2、佐藤 由希子1、伊東 良太1、本間 道則1 1:秋田県立大学、2:由利工業(株)
3a18  17:00~17:20  強誘電性液晶マイクロ波ミリ波可変位相器の構造と実効誘電率の関係
森武 洋1、尾崎 良太郎1、亀井 利久2、内海 要三2 1:防衛大電気電子工、2:防衛大通信工
3a19  17:20~17:40  4端子液晶セルによる面積変調機能
杉原 茂雄1、浅井 諒一1、三野 正幸1 1:徳島文理大学工

9月19日(3日目)B会場(4F第3講義室)

3b01  9:20~9:40  BABH-n キュービックメソゲンの圧力下の相転移
前田 洋治1、森 博幸2、沓水 祥一2 1:東京工芸大工、2:岐阜大工
3b02  9:40~10:00  BABH-nにおけるCub-Cub相転移の時分割小角X線散乱
森 博幸1、沓水 祥一1、齋藤 一弥2、山本 勝宏3 1:岐阜大工、2:筑波大院数理物質、3:名工大院工
3b03  10:00~10:20  新規両親媒性液晶の合成と抗腫瘍効果
高橋 祐香1、寺澤 梨絵1、千葉 正太1、高橋 賢次2、羽沢 勝治2、柏倉 幾郎2、吉澤 篤1 1:弘前大院・理工、2:弘前大院・保健
3b04  10:40~11:00  側鎖型両親媒性ジブロックコポリマーによるナノサイズミセルのダイナミクス
篠田 貴志1、山本 潤1、西原 正通2、横山 昌幸2 1:京大院理、2:神奈川科学技術アカデミー
3b05  11:00~11:20  対称非キラルダイマー、α,ω-ビス(4-(4'-ブトキシフェニル)ベンジルチオ)パーフルオロアルカンの構造と相転移:フルオロアルキル鎖長の液晶相に対する影響
大東 裕典1、纐纈 千春1、坂尻 浩一1、守屋 慶一1、高西 陽一2、竹添 秀男3 1:岐阜大工、2:京大理、3:東工大院理工
3b06  11:20~11:40  光学的等方性液晶複合体の旋光性解析
趙 動旭1、岩田 崇2、山本 真一3、樋口 博紀4、菊池 裕嗣4 1:JST、2:日本油脂 (株)、3:チッソ石油化学 (株)、4:九大先導研
3b07  11:40~12:00  光学的等方性液晶複合体の表示素子への応用に向けた電気光学特性の改善
山本 真一1,2、岩田 崇4、長谷場 康宏1、趙 動旭3、崔 碩原3、樋口 博紀2、菊池 裕嗣2 1:チッソ石油化学(株)、2:九州大学、3:JSTイノベーションプラザ福岡、4:日油株式会社
3b08  13:20~13:40  ランダウ―ド・ジャン理論に基づいたコレステリックブルー相の数値計算
福田 順一1,2、米谷 慎1,2、横山 浩1,2 1:産総研ナノテク、2:JST ERATO/SORST 液晶ナノシステムプロジェクト
3b09  13:40~14:00  放射光X線小角散乱法による高分子安定化ブルー相中の高分子の凝集構造解析
菊池 裕嗣1、伊是名 省吾2、東口 顕士1、樋口 博紀1、増永 啓康3、佐々木 園3 1:九大先導研、2:九大総理工、3:JASRI
3b10  14:00~14:20  高分子安定化ブルー相中の高分子秩序構造に及ぼす重合動力学
岩田 崇1、鈴木 憲、天谷 直之1、樋口 博紀2、菊池 裕嗣2 1:日油、2:九大先導研
3b11  14:20~14:40  光異性化キラル剤によるブルー相の発現と光応答挙動
樋口 博紀1、望月 大剛2、菊池 裕嗣1 1:九大先導研、2:九大院総理工
3b12  14:40~15:00  過冷却ブルー相のダイナミクス
山本 潤1、佐海 文隆1、菊池 裕嗣2、西山 伊佐3 1:京大理、2:九大先導研、3:DIC
3b13  15:20~15:40  高分子安定化青色相の電気光学応答とレーザー発振制御
城田 幸一郎1、関根 陽子2、河田 聡1,3 1:理研ナノフォトニクス研、2:学習院大院自然、3:阪大院工
3b14  15:40~16:00  光重合性コレステリック液晶中へのin-situ枠形成による螺旋ピッチ制御
吉田 浩之1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工
3b15  16:00~16:20  三次元構造体によるコレステリックブルー相の発現温度範囲拡大
尾島 正禎1、野間 健史1、浅木 大明1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1、菊池 裕嗣2 1:阪大院工、2:九大先導研
3b16  16:20~16:40  キラルT型液晶オリゴマーのブルー相発現に及ぼすスペーサーの影響
岩持 広賢1、吉澤 篤1 1:弘前大院理工
3b17  16:40~17:00  ブルー相を示す新規ビナフチル誘導体の合成とその電気光学特性
古川 裕太郎1、小林 景子1、吉澤 篤1 1:弘前大院理工
3b18  17:00~17:20  新規キラルS型オリゴマーがホスト液晶に誘起するらせん構造
長嶋 祥大1、松岡 夏幹2、吉澤 篤1 1:弘前大院理工、2:弘前大理工
3b19  17:20~17:40  ヘキサキス(フェニルエチニル)ベンゼン誘導体のらせん超分子液晶
吉田 宏典1、坂尻 浩一1、守屋 慶一1 1:岐阜大工

9月19日(3日目)C会場(4F第4講義室)

3c01  9:20~9:40  マイクロリンクル上での液晶配向
大園 拓哉1、物部 浩達1、清水 洋1 1:産総研ナノテク
3c02  9:40~10:00  表面の凹凸に起因するネマチック液晶のアンカリングに関する数値計算
福田 順一1,2、米谷 慎1,2、横山 浩1,2 1:産総研ナノテク、2:JST ERATO/SORST 液晶ナノシステムプロジェクト
3c03  10:00~10:20  フォトリソグラフィーによる表面配向双安定マイクロパターンの作製
新妻 潤一1、米谷 慎1,2、横山 浩1,2 1:JST,液晶ナノシステムプロジェクト、2:産総研,ナノテク
3c04  10:40~11:00  極角アンカリング力面内分布による液晶分子配向特性
佐野 匠1、山口 留美子1、佐藤 進2 1:秋田大工学資源、2:秋田県産業技術・総合研究センター
3c05  11:00~11:20  ラビングPVCi膜における容易軸とアンカリング力の液晶依存性
山口 留美子1、神野 創太郎1 1:秋田大工学資源
3c06  11:20~11:40  基板表面誘起ネマチックダイレクタ配向分布のDNMR観察
杉村 明彦1、宇佐美 清章1、浜砂 大地1、Luckhurst Geoffrey2、Zimmerman Herbert3 1:阪産大工、2:サザンプトン大化、3:マックス-プランク研、ハイデルベルグ
3c07  11:40~12:00  CBOOAにおける13C NMRスペクトルの帰属およびT1測定
萩原 祥子1、藤森 裕基1 1:日大
3c08  13:20~13:40  フレデリクス転移の分子論 -平行配向構造での対称性の破れ-
木尾 智彦1、鳥飼 正志1、山下 護1 1:三重大工
3c09  13:40~14:00  ベント形-ロッド形分子の混合系液晶における臨界熱異常とFisherくり込み
佐々木 裕司1、江間 健司1、八尾 晴彦2、Dhara Surajit3、Sadashiva B. K.4、レ バンコア1、竹添 秀男1 1:東工大院理工、2:京都工繊大院工芸科学、3:ハイデラバード大物理、4:ラマン研究所
3c10  14:00~14:20  屈曲型液晶と棒状液晶混合系におけるナノ相分離とダイナミクス
高西 陽一、山崎 裕太1、山本 潤 1:京都大学
3c11  14:20~14:40  微小角入射X線散乱による液晶分子配向評価
小金澤 智之1、広沢 一郎1、行木 啓記1、石井 秀則2 1:高輝度光科学研究センター、2:日産化学
3c12  14:40~15:00  パーフルオロポリエチレン膜を用いた液晶の光配向
宇佐美 清章1、杉村 明彦1、Edward T.  Samulski2 1:大阪産業大学 工学部 情報システム工学科、2:Department of Chemistry, University of North Carolina-Chapel Hill
3c13  15:20~15:40  強誘電性有機ラジカル液晶中における磁気双極子―電気双極子相互作用(磁気電気相互作用)の検討
内田 幸明1、能田 洋平1、鈴木 克明1、田村 類1、山内 淳1 1:京大院人間環境
3c14  15:40~16:00  ヂチエニルナフタレンコアを持つメソフェーズ半導体のメソフェーズ及び結晶構造
清水 洋1、ハインリッヒ ベノア2、ギヨン ダニエル2、城 始勇3、及川 一摩4、物部 浩達1、中山 健一5 1:産総研ナノテク(関西センター)、2:ストラスブール材料物理・化学研、3:リガク、4:関東化学、5:山形大院工
3c15  16:00~16:20  p-Terphenyl誘導体の合成と電荷輸送特性の評価
高屋敷 由紀子1,2、半那 純一1,2 1:東工大像情報、2:JST-CREST
3c16  16:20~16:40  液晶相における電荷輸送に対するダイポールの効果
大野 玲1,2、中村 司1、半那 純一1,2 1:東工大像情報、2:JST-CREST
3c17  16:40~17:00  カラムナー液晶の構造誘起配向制御とその電気的特性
徳岡 和樹1、吉田 浩之1、三宅 康雄1、美浦 裕介1、鈴木 智史1、藤井 彰彦1、清水 洋2、尾崎 雅則1 1:阪大院工、2:産総研
3c18  17:00~17:20  液晶物質を用いた有機TFTの作製と評価
飯野 裕明1,2、半那 純一1,2 1:東工大像情報、2:JST-CREST
3c19  17:20~17:40  垂直配向膜を用いた液晶性有機TFTの作製及び評価
木寺 亮太1、宝竜 武史1、岡本 一男2、荻野 賢司2、飯村 靖文1 1:東京農工大院工、2:東京農工大学共生科学技術研究院

ポスターセッション

9月17日 14:00~16:40 2F会議室

PA01    ナノインプリント法により作製した表面パターンによる液晶配向
テ ナイン ウー1、米谷 慎1,2、三橋 慶喜1、横山 浩1,2 1:JST,液晶ナノシステム、2:産総研,ナノテク
PA02    横電界駆動双安定液晶素子に関する研究
野口 俊幸1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工
PA03    Study on Bistable Liquid Crystal Devices with Patterned Alignment Films
Jais Bin Lias1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:Graduate School of Engineering, Nagaoka University of Technology
PA04    偏光解析法を用いたネマティック液晶薄膜の配向評価
高山 友宏1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工
PA05    レーザー走査ラマン顕微鏡による透明物体の3次元観察
大出 孝博1、田所 利康2 1:ナノフォトン株式会社、2:テクノシナジー
PA06    光第2次高調波発生法によるポリイミドLB膜アンチパラレル液晶セルの界面極性配向の評価
川手 隆司1、田口 大1、宮沢 亮1、Martin Weis1、間中 孝彰1、岩本 光正1 1:東工大院理工
PA07    剛体冠球円柱系でのせん断場を伴うモンテカルロシミュレーション
藤森 省吾1、香田 智則1、西岡 昭博1、宮田 剣1、村澤 剛1 1:山形大工
PA08    電場による円盤分子系の配向制御シミュレーション
松田 祐樹1、香田 智則1、桃井 優一2、呉 彰浩2、西岡 昭博1、宮田 剣1、村澤 剛1 1:山形大工、2:LGD日本研
PA09    冠球円柱系モンテカルロシミュレーションで必要とされる分子数について
藤野 悟1、香田 智則1、西岡 昭博1、宮田 剣1、村澤 剛1 1:山形大院理工
PA10    剛体斥力モデルによる液晶とラビング基板のMCシミュレーション
兵頭 洋祐1、清野 一樹2、香田 智則1、桃井 優一3、呉 彰浩3、西岡 昭博1、宮田 剣1、村澤 剛1 1:山形大院理工、2:山形大工、3:LGD日本研
PA11    一軸性剛体分子の状態方程式
鳥飼 正志1 1:三重大工
PA12    反強誘電性液晶における電場-温度相図 (V)
川邊 徳道1、会田 航平1、福田 直史1、羅 亮皓1、杉山 正明2、佐藤 他加志3、副島 雄児4、ミラダ グレゴローバ5、折原 宏1 1:北大院工、2:京大原子炉、3:京大院工、4:九大高等教育、5:チェコ科学アカデミー
PA13    Pc2Tb誘導体の分極反転挙動
小泉 奈緒美1、後藤 正直1、荒岡 史人1、石川 謙1、竹添 秀男1、横川 美保2、向井 秀知2、太田 和親2 1:東工大、2:信州大
PA14    13C-NMRスピン格子緩和時間測定によるスメクチック液晶におけるキラリティと分子運動の研究 (III)
小宮 研一郎1、七宮 将人1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
PA15    液晶骨格は高分子安定化に不可欠か
樋口 望、岡添 顕太郎、古江 広和 1:東理大院基礎工
PA16    二量体液晶は何故、INACA相系列を示し得るのか
古谷 昌也1、高松 崇1、伊藤 綾乃1、吉澤 篤2、古江 広和1 1:東理大院基礎工、2:弘前大
PA17    アンチパラレル配向SSFLCの無欠陥化を目指して
伊藤 範朗1、矢吹 恒太郎1、古江 広和1 1:東理大院基礎工
PA18    スメクチックC液晶薄膜における分子配向メカニズムと膜形状効果の解析
長谷川 偉創1、島 弘幸1 1:北大院工
PA19    屈曲型分子と棒状分子の混合液晶による電気対流効果
田中 慎吾1、荒岡 史人1、竹添 秀男1、Aniko Vajda2、Eber Nandor2 1:東京工業大学、2:固体物性及び光学研究所
PA20    極性屈曲型液晶局所超構造のマイクロビーム共鳴X線散乱による評価
高西 陽一1、大塚 洋子2、高橋 由美子3、飯田 厚夫4 1:京大院理、2:東工大技術部、3:日大理工、4:高エネ機構放射光
PA21    強誘電性液晶8OBEの粘性と定常流動下での誘電的性質
友善 由美1、祢宜田 啓史1 1:福岡大理
PA22    ネマティック相(5CB)におけるずり流動下での非線形誘電現象
林 徳紀1、松木 亜子1、祢宜田 啓史1 1:福岡大理
PA23    8CBのネマティック相におけるずり誘起構造変化 --粘性と誘電的性質--
日高 淳二1、金子 寛康1、祢宜田 啓史1 1:福岡大理
PA24    電気光学応答におよぼす液晶/高分子界面粘弾性の効果
森本 勝大1、権田 淳二1、牧野 祥央1、久保野 敦史 1:静岡大工
PA25    液晶/高分子配向膜界面の粘弾性挙動
権田 淳二1、稲石 勝典1、日下部 淳大1、森本 勝大1、久保野 敦史1 1:静大
PA26    液晶と高分子の二層分離構造を形成するためには
高橋 秀郎1、寺島 敦生1、横手 暁仁1、古江 広和1 1:東理大院基礎工
PA27    溶液からの引き上げによる液晶材料系薄膜の形成と評価
田中 宏明1、廣嶋 綱紀1 1:山梨大院・医工
PA28    水中ネマチック液晶の電気光学効果に及ぼす膜の形状と厚さの影響に関する研究
川崎 貴士1、宇戸 禎仁1 1:阪工大院工
PA29    ラビング配向処理に用いる布の液晶配向に及ぼす影響に関する研究
新田 武父1,2、足立 雅志3、秦 昭南3、高山 友宏2、倉本 侑祈2、木村 宗弘2、赤羽 正志2 1:東京高専、2:長岡技科大 工、3:クラレトレーディング_(株)_
PA30    ブレンド配向膜による高プレチルト界面配向に関する研究
清水 貴裕1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技術科学大学
PA31    ブレンド配向膜のアンカリングエネルギーに関する研究
河野 遼太1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工
PA32    PVCiとPIの混合配向材を一方向にラビングすることによる双安定配向性の付与
塚田 和成1、高橋 泰樹1、齊藤 進1 1:工学院大院工
PA33    双方向ねじれ配向スイッチングを利用した双安定LCD
小林 司1、鈴木 啓太1、齊藤 進1、高橋 泰樹1 1:工学院大工
PA34    光配向法による双安定液晶配向に関する研究
李 額尓敦1、飯村 靖文1 1:東農工大院工
PA35    高分子安定化法によって安定化したベンド配向液晶セルの過渡応答特性の改善
小林 孝資1、浅川 陽一1、高橋 泰樹1、齊藤 進1 1:工学院大院工
PA36    OC-NBB LCDの電気光学的特性
設樂 恒司1、高橋 泰樹1、齊藤 進1 1:工学院大院工
PA37    高分子安定化処理を施した面内スイッチング垂直配向FLCDセル
朝永 豪1、奈良田 徹1、齊藤 進1、高橋 泰樹1 1:工学院大工
PA38    STN構造のリバースタイプPDLC特性の研究
熊 立坤1、山口 留美子1 1:秋田大学工学資源
PA39    延伸フィルムの屈折率測定方法
ラ フング チオング1、堀 登志彦1、荒川 公平1 1:日本ゼオン株式会社
PA40    遅相軸傾斜位相差フィルム
廣田 光仁1、浅田 毅1、堀 登志彦1、宮城 孝一1、荒川 公平1 1:日本ゼオン
PA41    単層型コレステリック液晶層を用いた輝度向上フィルム
田村 健太郎1、原井 謙一1、藤野 泰秀1、川畑 耕也1、荒川 公平1 1:日本ゼオン
PA42    負のAプレートを用いたIPS-LCDsの光学補償法
小久見 尚一郎1、飯村 靖文1 1:東農工大院工
PA43    配向印刷法によるLCD作成法に関する基礎研究
佐々木 一人1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工
PA44    AFM/FFMによるTN Hybrid Type配向膜表面の摩擦特性
Kwak Musun1、Chung Hanrok1、Kwon Hyukmin1、Kim Jehyun1、Han Daekyung1、Lee Sangmun1、Lee Chulgu1 1:LG Display Co., Ltd., Panel Technology Department
PA45    紫外線硬化樹脂膜により形成した溝構造におけるネマティック液晶の配向特性
椎名 哲也1、齊藤 進1、高橋 泰樹1 1:工学院大院工
PA46    溝構造を有するアルミ膜の陽極酸化処理によるネマティック液晶の配向
今井 恵二1、横山 惇1、齊藤 進1、高橋 泰樹1 1:工学院大院工
PA47    フッ素化DLC(F-DLC)膜を用いた液晶配向制御技術
福場 優介1 1:東京農工大院工
PA48    液晶配向膜の分子配向評価のための測定方法
田ノ岡 大輔1 1:_(株)_モリテックス
PA49    カイラルネマティック液晶の高プレチルト配向解析
蔵下 陽光1、合田 和矢1、都甲 康夫2、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工、2:スタンレー電気・技研
PA50    ポリマーフィラメントを含む垂直配向液晶セルの電圧配向挙動
田口 政夫1、古江 広和1、佐藤 弘人2、菊地 宏2、藤掛 英夫2 1:東理大院基礎工、2:NHK
PA51    低温におけるナノ粒子添加ネマチック液晶の諸特性
宮本 健一1、斎藤 進1、高橋 泰樹1、都甲 康夫2、横山 修司3、滝川 真弥3、戸嶋 直樹4、小林 駿介4 1:工学院大院工、2:スタンレー電気株式会社、3:宇部興産、4:東京理科大学
PA52    過渡電流の解析解による負の誘電率異方性を有するネマティック液晶の粘性係数測定法
岩田 洋典1、内藤 裕義1、井上 勝2、一ノ瀬 秀男3、Klasen-Memmer Melanie4、樽見 和明4 1:阪府大院工、2:東陽テクニカ、3:メルク株式会社、4:メルクKGaA
PA53    ポリマーの壁とネットワークを形成したフレキシブルTN液晶素子
鎌田 崇太郎1、古江 広和1、佐藤 弘人2、菊池 宏2、藤掛 英夫2 1:東理大院基礎工、2:NHK
PA54    液晶ディスプレイにおける種々偏光解析手法の比較
吉田 諒1、木村 宗弘1、赤羽 正志1 1:長岡技科大工
PA55    BTN型液晶セルにおける双安定動作するための印加電圧パラメータのd/P0依存性
寺師 隼人1、高橋 泰樹1、齊藤 進1 1:工学院大院工
PA56    パターン付き拡散板によるバックライト装置の高付加価値化
塚田 啓介1、高橋 靖典1、草野 賢次1、小西 一郎1、荒川 公平1 1:日本ゼオン
PA57    電子線を利用した架橋アゾベンゼン液晶高分子の調製
中 裕美子1、間宮 純一1、宍戸 厚1、大島 明博2、鷲尾 方一2、池田 富樹1 1:東工大資源研、2:早大理工
PA58    架橋アゾベンゼン液晶高分子フィルムの光-力変換におけるアゾベンゼン架橋剤の寄与
近藤 瑞穂1、杉本 学1、間宮 純一1、木下 基1、兪 燕蕾2、池田 富樹1 1:東工大資源研、2:復旦大学
PA59    アゾベンゼン-トラン共重合体を用いた逆オパール膜の光スイッチング
城田 友美1、森次 正樹1、緒方 智成1、野中 敬正1、栗原 清二1 1:熊本大院自然
PA60    青紫レーザダイオード照射による液晶マイクロレンズ作製法
小倉 勝己1、山口 留美子1、佐藤 進2 1:秋田大学電気電子工学科、2:秋田県産業技術総合研究センター
PA61    液晶分子配向シミュレーション法を用いたアナモルフィック液晶デバイスの過渡解析
河村 希典1、葉 茂2、佐藤 進2 1:秋田大学工学資源、2:秋田県産業技術総合研究センター
PA62    液晶レンズの近赤外撮像デバイスへの応用
佐藤 進1、葉 茂、王 濱、梁瀬 智 1:秋田県高度技術研究所
PA63    液晶電気化学発光セルにおける偏光制御特性
堀内 孝郎1、本間 道則1、能勢 敏明1 1:秋田県大システム科技
PA64    面内螺旋配向をもつコレステリック液晶高分子膜のレーザー発振特性
吉田 浩之1、井上 曜1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工
PA65    光重合性コレステリックブルー相液晶のレーザー発振
磯村 拓哉1、吉田 浩之1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工
PA66    パターン液晶欠陥層を有する1次元フォトニックにおける偏光制御
吉田 浩之1、田頭 健司1、尾崎 良太郎2、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工、2:防衛大
PA67    ホログラフックPDLCの形成における格子ピッチと露光エネルギーの影響
Najmiah Radiah  Binti Mohamad 1、江本 顕雄1、塩田  達俊1、荻原 昭文2、川月 喜弘3、小野  浩司1 1:長岡技術科学大学、2:高松工業高等専門学校、3:兵庫県立大学
PA68    液晶ミリ波制御デバイス用積層電極構造の透過特性(II)
瀬野 宗司1、伊東 良太1、本間 道則1、能勢 敏明1 1:秋田県大システム科技
PA69    周期的干渉縞制御機能を有する液晶デバイスを用いた複数微粒子の光ソーティング
大西 潤治1、河村 希典1、佐藤 進2 1:秋田大学工学資源学部、2:秋田県産業技術総合研究センター

PB01    環状超分子液晶分子を用いた中空構造の構築
岸川 圭希1、武川 純1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB02    ジカルボン酸誘導体を用いた超分子液晶性ポリマーの構築
岸川 圭希1、河野 和起1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB03    強誘電的挙動を示す柱状液晶相の合成と特性
岸川 圭希1、鈴木 敬一1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB04    液晶光配向膜によるカラムナー液晶の配向制御
内田 江美1、久米 拓司2、吉尾 正史1、川月 喜弘3、加藤 隆史1 1:東大院工、2:ダイキン工業、3:兵庫県大院工
PB05    トリアルキルシリル基を鍵とする新規液晶化合物の創製
那谷 雅則1、氏家 誠司1 1:大分大工
PB06    リン酸塩固体電解質のカラムナー液晶化による一次元イオン伝導チャネルの構築
吉田 勇介1、金澤 昭彦1、中島 毅彦2、松田 雅敏2 1:山形大院理工、2:トヨタ自動車(株)
PB07    カラムナー液晶性キラルヒドロキシカルボン酸塩を用いる一次元ナノ規則構造材料の開発
小沼 祐己1、吉田 勇介1、金澤 昭彦1、中島 毅彦2、松田 雅敏2 1:山形大院理工、2:トヨタ自動車(株)
PB08    サリチリデンシクロヘキシルアミンを配位子とする銅(II)錯体の液晶性と配位構造
久保埜 公二1、榎本 敬紀1、宗和 誠1、横井 邦彦1 1:阪教大
PB09    両性イオン液晶分子の創製
幸本 重男1、奥山 真平1、岸川 圭希1 1:千葉大院工
PB10    イオン性化合物の添加によるディスコティック液晶の構造制御
幸本 重男1、林 寛之1、岸川 圭希1 1:千葉大院工
PB11    自己集合を利用したイオン性液晶
幸本 重男1、原 有紀子1、岸川 圭希1 1:千葉大院工
PB12    講演取消
PB13    脂肪族アミン塩酸塩類のサーモトロピック液晶性とイオン伝導性
斎藤 広樹1、金澤 昭彦1、中島 毅彦2、松田 雅敏2 1:山形大院理工、2:トヨタ自動車(株)
PB14    アルキルアミン-トロポロン錯体液晶の合成と物性評価
筑後 直樹1、金澤 昭彦1、中島 毅彦2、松田 雅敏2 1:山形大院理工、2:トヨタ自動車(株)
PB15    サイド・オン型液晶性ポリシロキサンのER効果
河合 敏晃1、金子 光佑1、中村 尚武11:立命館大院理工
PB16    側鎖型液晶性ポリシロキサンの合成と電荷輸送特性
松井 絢1、舟橋 正浩1、加藤 隆史1 1:東大院工
PB17    液晶性ペンタエリトリトール誘導体のER効果
村瀬 慶介1、小野 良人1、花崎 知則1 1:立命館大院理工
PB18    液晶性シルセスキオキサン誘導体の相転移挙動およびER効果
萬代 淳彦1、金子 光佑1、花崎 知則1 1:立命館大院理工
PB19    フェロセンを含む液晶物質の合成と物性 ( XXVI ) 1,3-二置換フェロセン誘導体の液晶相転移
香川 真哉1、江村 匡謙1、中村 尚武1 1:立命館大院理工
PB20    フェロセンを含む液晶物質の合成と物性 (XXVII) ビフェニル基をメソゲン基に含む一置換フェロセン誘導体の合成と物性
石水 勝1、西川 雅子1、道元 奈緒美1、中村 尚武11:立命館大院理工
PB21    非対称型1,1'-二置換フェロセン誘導体の合成とその液晶性(3) -相転移挙動に与えるメソゲン基の構造と結合様式の影響-
村山 旬一1、村田 智基1、花崎 知則1 1:立命館大院理工
PB22    講演取消
PB23    スメクチック液晶エラストマーの形状記憶とクロスリンクトポロジー
近藤 友惟1、田代 徹1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
PB24    キラルスメクチックCエラストマーの電界誘起変形
小林 愛実1、大塚 直1、風間 隆吾1、田代 徹1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
PB25    スメクチックC液晶エラストマーにおける応力印加架橋と可逆変形
飯田 香織1、畔上 里江子1、持田 耕平1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
PB26    セミパーフルオロアルキル鎖を有する液晶オリゴマーの合成と物性
竹内 和仁1、小笠原 史高1,2、山本 潤3、高西 陽一3、吉澤 篤1 1:弘前大院理工、2:東北化学薬品、3:京大院理
PB27    トラン骨格メソゲンを側鎖に有する液晶性ポリフマレート
道信 剛志1、野口 浩史2、藤井 望2、舟橋 正浩3、戸木田 雅利4、渡辺 順次4、重原 淳孝2 1:東工大グローバルエッジ、2:農工大院工、3:産総研、4:東工大院理工
PB28    液晶状態における層構造を利用した分離用超薄膜の作成
岸川 圭希1、佐々木 克幸1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB29    ヘリカルポリメタフェニレンフィルムを用いた不斉テンプレート重合
須田 清1、松下 哲士1、京谷 陸征2、赤木 和夫1 1:京大院工、2:筑波大学学際物質科学研究センター(TIMS)
PB30    ねじれ構造を持つアキラル液晶分子の合成と性質
岸川 圭希1、秋山 誠二1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB31    光応答性コレステリック液晶による微小マニピュレーション
永野 祐任1、カウザー アブ1、岡田 聡一郎1、緒方 智成1、栗原 清二1 1:熊大院自
PB32    液晶性コレステリル誘導体の動的粘弾性挙動
河村 明広1、花﨑  知則1、福井 啓子1 1:立命館大院理工
PB33    キラルネマチック相の電界応答に及ぼす配向処理条件
濱本 浩史1、佐々木 健夫1 1:東理大院理
PB34    3,3'-(4H,4'H)-スピロ[2H-ナフト[1,2-b]ピラン]骨格を有するネマチック液晶用らせん誘起材料のらせん誘起力
東條 健太1、有沢 達也2、青木 良夫1、照沼 大陽1 1:埼玉大院理工、2:埼玉大工
PB35    膨潤スメクチック液晶における相転移挙動と分子配列解析(II)
伴 信行1、加藤 陸志1、平岡 一幸1 1:東京工芸大ナノ化学
PB36    非対称型ダイマー液晶の合成とその相転移挙動 (VIII) -メソゲン基側方に2個のフッ素原子を有する非対称型ダイマー液晶の合成と相転移挙動-
植村 知浩1、神田 将司1、仁王 厚志1、宇野 健二朗1、花崎 知則1、中村 尚武1   1:立命館大院理工
PB37    強磁性的相互作用を示す新規キラル有機ラジカル液晶化合物
鈴木 克明1、内田 幸明1、田村 類1、山内 淳1 1:京都大学大学院人間環境
PB38    キュービック液晶相を利用したナノボール構造の構築
岸川 圭希1、生田目 慎吾1、幸本 重男1 1:千葉大院工
PB39    分子両端に親水部位を有する両親媒性液晶の配向挙動
黒澤 恵里1、武 金枝1、吾妻 雄一郎1、守山 雅也1、氏家 誠司1 1:大分大工
PB40    メソゲン基を疎水部としたアニオン界面活性剤の液晶形成挙動
乾 陽介1、日野 正也1、北山 美穂1、中西 祐介1、久保田 修平1、川口 哲也1、吉澤 篤1、鷺坂 将伸1 1:弘前大院理工
PB41    アルキル置換パターンによるテトラピロール類の自己集積化の制御
太田 恵1、田中 伸潔1、水谷 義1 1:同志社大院工
PB42    せん断に応答して発光色が変化する液晶性ピレン誘導体
相良 剛光1、加藤 隆史1 1:東大院工
PB43    講演取消
PB44    液晶性[2]ロタキサンの合成と性質
安田 琢麿1、磯田 恭佑1、APRAHAMIAN Ivan2、COTI K. Karla2、池田 太一2、SAHA Sourav2、DICHTEL R. William2、STODDART J. Fraser2、加藤 隆史1 1:東大院工、2:カリフォルニア大学ロサンゼルス校
PB45    (1-シクロヘキセニル)フェニルジアゼン骨格を有する新規フォトクロミック液晶
佐藤 正尚1、永野 修作1、関 隆広1 1:名大院工
PB46    強誘電性液晶のフォトリフラクティブ効果の発現機構の検討
井ノ上 恵津子1、佐々木 健夫1 1:東理大院理
PB47    シアノビフェニル保護Pdナノ粒子分散液晶の調製と評価
籔内 一博1、井口 眞1、小林 孝也1、戸嶋 直樹1 1:山口東理大基礎工
PB48    有機無機ハイブリッド液晶の光学材料への展開
尾形  雄一郎1、蟹江 澄志2、山本 祐治1、海田 由里子1、桜井 宏巳1、村松 淳司2、杉本 忠夫3 1:旭硝子株式会社 中央研究所、2:東北大多元研、3:真鶴超微粒子科学研究所
PB49    ツイストネマチックエラストマーの作製と熱変形挙動
澤 芳樹1、浦山 健治1、瀧川 敏算1 1:京大院工
PB50    液晶エラストマーの誘電緩和挙動
小島 正寛1、公門 えつこ1、浦山 健治1、瀧川 敏算1 1:京都大学大学院材料化学専攻
PB51    低分子混合系ブルー相の相転移挙動
菊池 裕嗣1、東 若菜2、樋口 博紀1、長谷場 康宏3 1:九大先導研、2:九大総理工、3:チッソ石油化学
PB52    共焦点レーザー走査顕微鏡による高分子安定化液晶ブルー相の格子構造観察
東口 顕士1、安井 圭2、小澤 雅昭2、大土井 啓祐2、菊池 裕嗣1 1:九大先導研、2:日産化学
PB53    ブルー相の電場誘起相転移挙動の解析
大場 佑樹1、樋口 博紀2、菊池 裕嗣2 1:九大院総理工、2:九大先導研
PB54    液晶/非液晶非対称二量体添加型液晶ブルー相の構造解析と電場応答挙動
芝山 聖史1、樋口 博紀2、菊地 裕嗣2 1:九大院総理工、2:九大先導研
PB55    カイラリティに誘起された3次元格子構造を持つスメクティック液晶相の構造解析
根本 文也1、高西 陽一1、高橋 由美子2、飯田 厚夫3、西山 伊佐4、山本 潤1 1:京都大学大学院理学研究科 物理学第一教室、2:日本大学量子科学研究所、3:高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所、4:DIC株式会社
PB56    全フッ素置換鎖スメクチック液晶相の膨潤効果
村瀬 昌次1、山本 潤1、高西 陽一1、西山 伊佐2 1:京大院理、2:DIC株式会社
PB57    水中強誘電性液晶の培養細胞適合性に関する研究
古賀 祐輔1、宇戸 禎仁1 1:阪工大院工
PB58    テトラアリールエチレン骨格を有する両親媒性液晶分子の合成と特性評価
樋口 博紀1、三谷 育恵2、菊池 裕嗣1 1:九大先導研、2:九大院総理工
PB59    イミダゾリウム基を有するセルロース誘導体-分子集合構造とイオン伝導性
河野  由佳1、吉尾  正史1、一川  尚広1、浜崎  敦志2、大野  弘幸2、加藤  隆史1 1:東大院工、2:東京農工大工
PB60    液晶性アンモニウム塩による三次元イオンチャンネルの構築
一川 尚広1、吉尾 正史1、浜崎 淳志2、向井 知大2、大野 弘幸2、加藤 隆史1 1:東大院工、2:東京農工大工
PB61    電荷移動相互作用を有する液晶性分子の合成と特性評価
田中 瑶子1、樋口 博紀2、菊池 裕嗣2 1:九大院総理工、2:九大先導研
PB62    液晶性有機ゲル化剤を用いた有機ゲル電解質の物性
岡本 浩明1、森田 由紀1、下井 健太郎1、笠谷 和男1 1:山口大学
PB63    二色性色素ドープ型(高分子/液晶)複合膜の近赤外領域における電気光学特性
樋口 博紀1、福島 誠治2、菊池 裕嗣1 1:九大先導研、2:NTT
PB64    液晶性化合物のヒト肺がん細胞株A549に及ぼす効果
高橋 祐香1、寺澤 梨絵1、千葉 正太1、高橋 賢次2、羽沢 勝治2、西澤 あゆみ3、柏倉 幾郎2、吉澤 篤1 1:弘前大院・理工、2:弘前大院・保健、3:弘前大・理工
PB65    両親媒性液晶化合物によるヒト巨核球産生促進
福士 由佳子1、門前 暁2、高橋 賢次2、柏倉 幾郎2、吉澤 篤1 1:弘前大院理工、2:弘前大院保健
PB66    液晶性有機半導体薄膜の分子配向制御と評価
新崎 康智1、廣嶋 綱紀1、陳 聞兎1、高柳 伸也1、原本 雄一郎1、加藤 孝正1 1:山梨大院医工
PB67    配向膜ポリイミドの偏光紫外線照射効果
水沼 達郎1、松本 節子1 1:明大理工
PB68    微細グレーティング構造上に配向したネマティック液晶の電気光学特性
美浦 裕介1、吉田 浩之1、徳岡 和樹1、鈴木 智史1、藤井 彰彦1、尾崎 雅則1 1:阪大院工
PB69    5-CB中におけるエネルギー移動による蛍光の偏光解消
月崎 雄1、西牧 規之2、福岡 誠也3、若狭 健太郎4、金本 明彦1 1:北里大学理学部、2:(株)日立製作所 コンシューマ事業グループ、3:(株)プログレス・テクノロジーズ、4:日研総業(株)