2008年 日本液晶学会 講演会


『液晶先端技術とその基礎科学』


プログラム

9:30~10:20「液晶を用いた構造色発現とその応用」
東京工業大学  渡邊 順次 先生
10:20~11:10「フォトニック効果と液晶」
東京工業大学  竹添 秀男 先生
11:10~11:20 休憩
11:20~12:10「コレステリック液晶を用いた電子ペーパー」
㈱富士通研究所 吉原 敏明 氏
12:10~13:30 昼休み
13:30~14:20「IPS-LCDの黒表示における光漏れと液晶層の光散乱」
日立製作所  内海 夕香 氏
14:20~15:10「液晶の配向ゆらぎによる光散乱」
北海道大学  折原 宏 先生
15:10~15:20 休憩
15:20~16:10 「長距離秩序を有するメゾスコピック構造体の形成」
名古屋大学 関 隆広 先生
16:10~17:00「“球形等方”と“立方(光学等方)対称”な液晶相のナノ構造とダイナミクス」
京都大学  山本 潤 先生
17:00~17:10 休憩
17:10~18:00「コレステリック液晶と有機感光体を用いた光アドレスカラー電子ペーパー」
富士ゼロックス㈱ 原田 陽雄 氏